TOP > KUBOTA遠心機 > 卓上冷却遠心機 S300TR

卓上冷却遠心機 S300TR

S300T/S300TRの違い

卓上冷却遠心機のエントリーモデル

日々の業務の一環だからこそ、遠心操作のひとつひとつにストレスを感じさせることがないデザイン。
インターフェースとドアの間に段差を設けることで、自然な流れで指を掛けられるようになりました。
そして、チャンバを遠心機内部の前方に寄せたことで、チューブの出し入れがしやすい設計です。

幅36cm奥行64cmのコンパクト設計にかかわらず、採血管であれば最大24本、50mLコニカル管であれば最大4本の遠心が可能で、バケット交換で幅広い用途に対応します。

こだわり抜いたフェイルセーフ機能 
-インバランス2秒検知(特許出願中)-

従来のインバランス検知よりも、早い時間で、そして、より低い回転数で、インバランスを検知する機能です。
遠心スタート後、約2秒*で異常振動を判断し、インバランスをお知らせします。


*Rapid加速時設定

ミックス・ローディング  MIX

2種類のバケットを同時に遠心できるミックス・ローディングを実現させ、さらによくご使用いただく組み合わせを標準化することで、よりお求め易くなりました。

長い採血管も短い採血管も使用できるバケット(コードNo.053-4930)は便利だけど、長い採血管をもっと多く一度に処理したい。
バケットを交換するのは面倒だけど、かと言って、長い採血管用バケットに短い採血管を入れると採血管が取り出しにくい。
そんなご要望を解決するのが、MiXセット(コードNo.053-0140)です。
長い採血管だけを遠心するときは最大20本までセットできます。

この他にも、50mLコニカル管と15mLコニカル管用のMiXセット
(コードNo.053-0130)があります。

LCDディスプレイを搭載

表示文字が見易く、遠心終了時はLCDディスプレイが
消灯と点灯を繰り返します。
離れていても遠心終了が分かります。

電動ドアロック

ドアロックは新開発の電動ドアロックを採用。ドアを軽くおさえるだけでモータが動き、自動でドアがロックされます。

ユーザインターフェース

ダイレクトメモリーを3チャネル搭載。START/STOP/OPENボタンも大きく分かりやすくし、ルーチンの遠心操作はこれらのキーだけでできるようにしました。

各種設定は十字キーを使って操作。メニューやエラー表示も充実させています。

遠心機の国際安全規格

  • ■遠心中のロータは、大きな運動エネルギーをもっています。
    すべてのロータは最大負荷での厳しい耐久テストをクリアしていますが、何らかの理由で遠心中にロータが破壊する可能性はゼロとはいえません。
  • ■IEC61010-2-020に準拠した遠心機は、万が一ロータが遠心中に破壊しても、使用者の安全を確保します。

ロータの耐用回数

  • ■遠心機の回転体であるロータやバケットは、ステンレスやアルミといった金属材料で作られています。
  • ■ロータやバケットは高速で回転するために、この「曲げたり伸ばしたり」を繰り返しており、ある一定回数に到達すると金属疲労によって破断してしまいます。
  • ■安全にご使用いただくために、耐用回数に達したロータは交換をお願いしています。
    どうかご理解とご協力をお願いいたします。
「日本国内専用機」 This model is designed exclusively for Japan

この製品は日本国内100V専用です。また日本国内での使用を意図した安全規格に基づいて
設計・試験・製造しているため、日本国外でのご使用は、重大な事故の危険や障害の原因となります。
「日本国内専用機」を、日本国外へ持ち出ししないよう、お願いいたします。
また、日本国外での「日本国内専用機」に対するサービス(修理、点検、消耗品の供給など)の
提供につきましても、対応いたしかねます。