TOP > KUBOTA遠心機 > マイクロ冷却遠心機 Model 3740

マイクロ冷却遠心機 Model 3740

マイクロ冷却なのにスイングもマイクロも

3740は2mLや50mLコニカル管といった、スタンダードなマイクロ冷却の遠心に加え、スイング・プレートロータにも対応している“欲張りモデル”です。
ちょっとした細胞の集菌やプレートの遠心であれば、ロータの追加購入だけで対応することができます。

ロータ交換はワンタッチ

3740はロータをドライブシャフトにセットするだけのワンタッチセット方式を採用しています。六角レンチなどの工具は不要で、用途にあわせてロータ交換も非常にスムーズにできます。

3700などマイクロ冷却シリーズ、
6200ともロータは共通

マイクロ冷却のそのほかのモデル3700/3780も、ハイブリッド冷却遠心機6200もワンタッチセット方式を共通で採用しているため、ロータを共通に使えます。すでに37シリーズや6200をお持ちの場合は、ロータの使いまわしなどができるので、より一層お得です。

アダプタ不要でPCRチューブの遠心が可能

AF-2724A、AF-2236ロータは、2mLチューブの穴の内側に、0.2mL PCRチューブ、0.5mLチューブの穴があいています。たとえば0.2mL PCRチューブをスピンダウンされる場合でも、アダプタを使わずに遠心することができます。

市販のコニカルチューブで20,000xgの高速遠心

コニカルチューブを高速遠心されたいという要望をよくお聞きしますが、高速遠心をすると、コニカルチューブが破損してしまう場合があります。AF-5004CHロータは特別な構造を採用することで、市販のコニカルチューブであっても22,140xgの高速遠心が可能です(弊社特許)。

マイクロチューブを15,000rpmで高速スイング遠心

フェノール・クロロフォルム抽出をされる場合などは、遠心分離の境界面を水平にした方が、ピペッティングがしやすいと聞いています。
MF-2236ロータは2mL×24を15,000rpm/18,360xgで遠心でき、お客様にご好評をいただいています。

バイオハザードロータ
AF-2730、AF-5004CS

AF-2730、AF-5004CSは、英国CAMRで認定を受けたバイオシールドロータです。バイオハザード対策に適しています。

使いやすさを考えたインターフェース

温度、回転数、時間は、それぞれ独立したつまみで操作・設定することができ、直感的な操作が可能です。

便利なメモリーフラッシング

サンプルのスピンダウンをされる際、従来はスピンダウンキーの長押しをしていただいていましたが、3740ではメモリーフラッシングキーを搭載。
一回スピンダウンのためにメモリーフラッシングキーを長押しいていただくと、キーがその遠心時間を自動的に記憶して、次回以降はメモリーフラッシングキーを押すだけでスピンダウンできます。

遠心機の国際安全規格

  • ■遠心中のロータは、大きな運動エネルギーをもっています。
    すべてのロータは最大負荷での厳しい耐久テストをクリアしていますが、何らかの理由で遠心中にロータが破壊する可能性はゼロとはいえません。
  • ■IEC61010-2-020に準拠した遠心機は、万が一ロータが遠心中に破壊しても、使用者の安全を確保します。

省電力モードの搭載

10分間使用しないと自動的に冷凍機を停止させ、消費電力をわずか約17Wに抑える「省電力モード」を搭載しています。
「日本国内専用機」 This model is designed exclusively for Japan

この製品は日本国内100V専用です。また日本国内での使用を意図した安全規格に基づいて
設計・試験・製造しているため、日本国外でのご使用は、重大な事故の危険や障害の原因となります。
「日本国内専用機」を、日本国外へ持ち出ししないよう、お願いいたします。
また、日本国外での「日本国内専用機」に対するサービス(修理、点検、消耗品の供給など)の
提供につきましても、対応いたしかねます。